FC2ブログ

千葉県流山市少年野球連盟所属・学童野球チーム「江戸川台フェニックス」の今週の予定、対戦成績を、お知らせいたします。ご見学、ご体験随時お待ちしています。お気軽にお問い合わせください。

野田南部選抜チーム戦 【練習試合】

11-0Victory



【スコアラー日誌】

8/3(日) 練習試合 野田南部地区選抜チーム(野田南部広場)

本日の2試合目は、野田南部地区の3チームの精鋭からなる選抜チームとの対戦です。
各チームのクリーンアップやエースが揃っていますが、合同チームとしてはまだ完成されていないはずです。そこに付け入る隙を見つけ、フェニックスはチームワークで挑みます。

1回表フェニックスの攻撃、先頭のショウマ君の打球は、左中間へ。
好走塁でノーアウト2塁。
早速チャンス到来です。
2番ヒロト君の当たりは3塁への内野安打。ショウマ君が本塁を狙う仕草をする間に、すかさずヒロト君は2塁へ進塁。
まさに連携プレーでチャンスが拡がります。3番マサヤ君は三振に倒れますが、キャッチャー後逸のため振り逃げが成立し、先取点です。ワンアウト2.3塁と変わって、5番カズキ君は2球目をスクイズ。
小技も冴えて追加点です。さらに6番マサキ君は右中間を深々と破ります。自慢の俊足でダイヤモンドを駆け抜け、嬉しい代表チームでの初ホームランとなりました。

フェニックス 4
野田南部選抜 

3回表のフェニックスの攻撃は、ワンアウトから4番セイヤ君がレフト前ヒットで出塁。
2盗、3盗を決めてワンアウト3塁。5番カズキ君は、4球目、再びスクイズを決めて追加点です。なおこの回7番テンモン君はこの試合二つ目の四球を選びますが、なんと1打席目は8球、2打席目は10球と粘りに粘りました。
(この日、初ベンチ入りしたOコーチの「あと3球ファールを打てってこい」という檄に見事に応えましたね。)この粘り強さが、これからもチームを勝利に導くことでしょう。

フェニックス 401
野田南部選抜 00

この日2試合目のフェニックスの投手陣はランナーを出しても我慢のピッチング。
先発のマサヤ君は、4回裏ノーアウト2塁のピンチも、5-7番打者を3者連続三振に切って落としました。
結局、マサヤ君→セイヤ君の継投で完封リレーを達成しました。

フェニックス 401 303  11
野田南部選抜 000 000  0

スポンサーサイト

ゴチになりました!相馬市長杯優勝記念?んっ分?

ごち((+_+))

またまた、選手の健闘を祝して、松本監督にゴチになりました!

あざ~~~すっ

1_201408032126209ef.jpg

IMGL2891.jpg

IMGL2894.jpg

IMGL2898.jpg


本日の2試合ともに快勝!
次もあるかも、かもです!!!

またのゴチも、よろしくお願いいたします。

っすっ!

東葛地区親睦夏季大会 一回戦・流山シャークス戦

東葛地区親睦夏季大会 一回戦・流山シャークス戦

9-0Victory



【スコアラー日誌】

8/3(日) 東葛地区親睦夏季大会 1回戦(野田江戸川河川敷)

本日の対戦相手は、フェニックス同様に小山小学校を本拠地とする流山シャークスです。低学年チームは合同チームを組んでおり、2週間後には県大会を目指して東葛地域大会に挑みます。
一方、代表チームはここまで公式戦での対戦はありませんが、何度か練習試合やカップ戦では顔を合わせており、お互いに手の内がわかっているチームとの対戦です。

1回表フェニックスの攻撃は、サード強襲の内野安打で出塁したショウマ君が、2盗を決めて、ノーアウト2塁。
2番ヒロト君は三振に倒れますが、3番マサヤ君への1球目にショウマ君が3盗も決めて、ワンアウト3塁。
マサヤ君は4球目をライト前に運び、ショウマ君がホームイン。鮮やかな速攻で先取点を上げました。
2回表は、先頭の7番テンモン君がセンター前ヒットで出塁。すかさず2盗を決めて、ノーアウト2塁。
今日の8番は、ふだんは控えに甘んじているモトヒロ君。5球目、しっかりと叩いた打球は一塁側に転がり進塁打に。頑張れモトヒロ、次はきっとヒットになります。9番は三振に倒れ、ツーアウト3塁で、頼れる1番ショウマ君。どうしても欲しい追加点を、センターオーバーのランニングホームランでもぎ取りました。

フェニックス 12
シャークス  00

その後も攻撃の手を緩めないフェニックスは、3回に2点、4回に1点、5回に3点と確実に追加点をあげ、終わってみれば9対0の完勝でした。

フェニックス 122 13  9
シャークス  000 00  0

一方、シャークスの打撃陣は、2イニングを投げたフェニックスのエース・マサヤ君から3安打。
特に6番の左打者は、マサヤ君の抜いた高目の球をジャストミートしてライトオーバー。ライトがもたつく間にあわやランニングホームランとなりそうでしたが、必死の中継で本塁タッチアウト。ここで得点をされると試合がもつれかねない大切な場面でした。
2番手のセイヤ君は今日も絶好調。
得点差がある場面での登板とはいえ、落ち着いています。
「打たせるよ~」という掛け声も、バックを信頼している証で、むしろ頼もしく感じます。
今回は3イニングを投げて、1安打、1四球で無失点。本当に安定してきました。

来週は2回戦。対戦相手はさらにつよくなりますが、頑張ってください。


 | ホーム | 

Calendar

« | 2014-08 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -